2014年7月18日金曜日

「原発は金になる」高木・元敦賀市長

毎日新聞1983年2月5日

「原発は金になる」
推進講演会で敦賀市長

全国原子力発電所所在市町村協議会長(全原協)を務める福井県敦賀市の高木孝一市長が北陸電力(本社・富山市)の原発建設候補地である石川県羽 咋郡志賀町での講演会で「五十六年四月の日本原電放射能漏れ事故はマスコミが騒いだだけ原発は金になる」などと発言していたことが四日、明らかになっ た。敦賀市の反原発団体が同日午後、講演テープをつきつけたのに対して、同市長は謝罪したが、同市や志賀町の原発反対住民の怒りはおさまりそうにない。
この発言は原発推進派の羽咋広域商工会が一月二十六日、町民約百五十人を集めて開いた講演会で飛び出した。このなかで高木市長は「原発反対運動は県議選で過去に二回も惨敗してお り、住民に密着していない」「原発は電源三法交付金や原発企業からの協力金があり、たなぼた式の金だ」とぶちあげ、「(放射能の汚染で)五十年、百年後に 生まれる子供がみんな障害者でも心配する時代でない」と結んだ。

高木孝一氏の現在を調べてみると2012年6月2日に93歳でお亡くなりになっている。
前敦賀市長・高木孝一って今月2日に死んでたのか - kojitakenの日記
あの問題だらけの高速増殖炉「もんじゅ」の試運転を認めたのもこの人。長男は自民党衆議院議員の高木毅氏

福井県若狭湾が「原発銀座」と揶揄されているのは、高木孝一氏の「原発は金になる」結果。

0 件のコメント:

コメントを投稿