2014年7月17日木曜日

「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」お笑い原発推進派大橋弘忠氏のビデオを書き起こし。

平成17年12月25日 佐賀県主催プルサーマル公開討論会「玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画の安全性について」

ここからプルサーマル公開討論会での大橋弘忠氏の発言を書き起こし------------
二つの点を指摘しておきたいと思うんですけれども、
事故の時どうなるのかってのは、想定したシナリオに全部依存します。

それ全部壊れて、全部出て、その全部がその環境に放出されるとなればどんな結果でも出せます。それは、大隕石が落ちて来たらどうなるかとか、そ、そういう起きもしない確率についてやっているわけですね。
あの、みなさんは原子力で事故が起きたら大変だと思っているかもしれませんけど、専門家になればなるほど、そんな格納容器が壊れるなんて思えないです



どういう現象で何がなったらどうなるんだと。いや、それが反対派の方は「いや、分からないでしょ」と。水蒸気爆発が起こる訳がないと専門家はみんな言ってますし、僕もそう思うんですけども、じゃーなんで起きないと言えるんだと、そんなに理屈になっていっちゃう訳です。


ですから、今、安全審査でやっているのは技術的に考えられる限りですね、ここがこうなってこうなって、ここが壊れて、プルトニウムがこう出てきて、ここで止められて、それでもなおかつという仮定を設けたうえで、さらにそれよりも過大な放射能が放出された場合の前提をおいて計算をしている訳です。

ここが一番難しいところですけれども、我々はそういうのはよくわかります。被害範囲を想定するために、こういうことが起きると想定をして解析をするわけです。ところが、一般の方はどうしても「いや、そういうことが起きるんだ」と、また、反対派の方が「ホラ見ろ、そういうことが起きるから、そういう想定をするんだ」というふうに逆方向にとられるから、おそらく議論が噛み合ないんだと思います。

もう一つはプルトニウムの毒性です。プルトニウムの毒性っていうのは非常に誇張されて捉えられています。プルトニウムの健康被害を扱う専門家の方は「社会的毒性」というふうに呼んでいます。

実際にはなんにも怖いことはありません。仮に大げさな話しをして、プルトニウムをテロリストが盗っていって貯水池に投げ込んだと、そっから水道が供給されていると。じゃ何万人が死ぬかというと、そんなことはありません。一人も死なないというふうに言われています。


プルトニウムは水にも溶けませんし、仮に体内に水として飲んで入っても直に排出されてしまいますから、その小出さんが言っているようなことが起きるのは、まったく仮想的にプルトニウムのつぶつぶを一個一個取り出して、みなさんの肺を切開手術して、肺の奥深くにもう出てこないところに一つずつ埋め込んでいったらそれぐらい死にますよという、まったく起きもしないような仮想について言ってる訳ですね。

ですから、そんなことをやっていたら、そら、みなさん自動車にも乗れないし、電車にも乗れない。そりゃ何が起こるか分からないですよ、という話しと全く同じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿