2014年7月29日火曜日

ヘイトスピーチとヘイトクライムは似て異ならないもの

ヘイトスピーチは、憎悪する対象、例えば人種や民族、宗教、性別などの違いを理由に罵る行為。分かりやすく言えば憎悪する相手に言葉の暴力を浴びせる行為。

ヘイトクライムは、ヘイトスピーチと同じく、憎悪する対象、例えば人種や民族、宗教、性別などの違いを理由に肉体的、物質的危害を加える行為。分かりやすく言えば憎悪する相手に犯罪を犯す行為。

それではヘイトスピーチヘイトクライムの明確な違いは何か。前者は既存の法律では取り締まることができない、後者は既存の法律で取り締まることができる。

つまり、ヘイトスピーチを行っている人々がヘイトクライムを行わない理由は、逮捕される可能性の有無だけなのだろうと想像できる。

ヘイトスピーチヘイトクライムの悪質性は、攻撃の手段が違うだけで、被害者の受ける痛みは同じ種類のものなのだ。

ヘイトクライム同様に憎悪する相手を痛めつけることができて、尚且つ逮捕されない安全な方法がヘイトスピーチを選んだ理由、ただそれだけなのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿